2023-04-22

5月8日以降の新型コロナウイルス感染症の療養期間について(厚労省からの発表)

 厚労省は、新型コロナウイルス感染症の感染症法上の位置付けが5類感染症に変更される58日以降の取り扱いについて、発表をしました。新型コロナウイルス感染症にかかった場合、どのくらいの期間外出を控えればよいのか、下記の通り、推奨されています。

 

l 発症後5日間は他の人に感染させるリスクが高いことから、発症日を0日目(無症状の場合は検体採取日を0日目)として5日間は外出を控えること

かつ、

l 5日目に症状が続いていた場合は、熱が下がり、痰や喉の痛みなどの症状が軽快して24時間程度が経過するまでは、外出を控え様子を見ること

   学校における取り扱いについては、文部科学省にてパブリックコメントを実施予定

 

その他詳細については、下記URLをご参照ください。

https://www.mhlw.go.jp/content/001087451.pdf